誰かと一緒にいても、「なんとなく寂しい」と心にポッカリと穴が開いてしまうこと、ありますよね。ぜひ一緒に、その空虚感を埋めませんか。寂しさに潰されてしまっては、あなたらしい笑顔が見えません。ニッコリ笑っているあなたが、一番キレイですよ。

なんとなく寂しいと感じた時の6つの対処法

1. 日中に外に出て陽の光を浴びる

やはりお日様のパワーは大事!温かい国には陽気な人が多いと言われるほど、太陽には人の気持ちをアップさせる強さがあるようです。「なんだか世界に自分一人になったみたい」そんな寂しさを感じたときは、特に朝の光をたっぷり浴びましょう!お日様にハグされているような感覚で、じっくり自分を癒すのです。

2. 運動をする

気分が沈んでしまったときに効果的なものに、「運動」もありますね。たくさん動いて体が活発になるほど、心も活発に動いていくようです。体と心は切っても切り離せないパートナーということでしょう。寂しい気持ちを振りほどくように、数年ぶりにダッシュしてみませんか。

3. ひたすら寝る

なんだか心がお疲れみたい。そんなときはひたすら休むのです。いいんです、いつもがんばっているのですから。さぁ。暖かい布団で、しばしの休憩を。おやすみなさい。

4. お酒を飲む・好きなものを食べる

ちょっと我慢していることが多いと、「私これで本当にいいのかな。間違っていないかな」と悩んでしまうことも。ときにはたっぷり自分を甘やかしましょう。甘いものを堪能して、「私幸せ!」を実感しましょう。「私間違っていないかな?間違っていないよね!」そう、あなたを一番に認められるのはあなた自身です。

5. テレビや映画を見る

もしかしたら現実の世界が少し重荷に感じているのかも。そんなときは大好きなドラマや映画でちょっと現実逃避をしませんか。気持ちは毎日揺れ動くもの。寂しいときは悲しい映画で泣いてスッキリするのもアリでしょう。

6. 過去の楽しかったことを思い出す

「今寂しくて仕方がないのに、過去のことなんか思い出したら、余計辛くなりそう」いえいえ、そんなことはありません。過去の楽しかったことを思い出し、一時的とはいえ気持ちをハッピーにさせることは自分を癒すのにとても効果的です。そうしてまた、立ち上がって、楽しい思い出をこれから作っていくのです。

恋愛の「なんとなく寂しい」気持ちを紛らわすには?

彼氏に依存していないか確認する

彼氏に依存してしまって、彼がいない時間をうまく使えなくなってはいませんか。「彼がいないと何をしていいかわからない」となっていたら、彼がいない時間も充実させる何かを始めましょう。彼がいない時間も、あなたの魅力アップの時間に使うのです。「あれ、こんなにイイ女だったっけ?」となれば、しめたものです。

恋愛以外にも夢中になれることを見つける

「そんなこと言われても、何をしていいのかわからない。」いえいえ、大丈夫です。ゆっくり思い浮かべてみましょう。あなたがもっと小さいとき、小学生や中学生のとき、夢中になったことはありませんか。「そうだ、私絵を描くのが大好きだったの!」ならば無心で絵を描いてみましょう。大人になっても、ネイルやメイクにはまった時間はありませんか。そんな「あなたを形作る時間」は、きっとあなたに寂しさを忘れる癒しの時間をくれるでしょう。

寂しい気持ちを素直に伝えてみる

彼のことが大好きで仕方のない時期は、その寂しさを彼でしか埋められないこともあるでしょう。そんなときは意地を張らずに「あなたがいないと寂しいの!」と伝えましょう。彼も頑張って時間を作ってくれるかもしれません。でも彼もあなたのために頑張ってくれるのですから、彼のことはあなたが癒してあげるくらいの気持ちでいましょう。もてなして欲しい気持ちばかりでは、彼も疲れてしまいます。

モテる努力をする

男性から声をかけられることが増えれば、寂しさを覚えることも少なくなるでしょう。自分を認めてほしいと思う承認欲求は誰にでもあるものです。「あなたのことが必要だ」と求められれば、みんな嬉しいのです。でももちろん、安売りはしませんように!

なんとなく寂しい気持ちはみんなにあるもの

あなただけが感じる感情ではない

「なんとなくポッカリ空洞がある感じ」は、みんながふいに感じる気持です。一人でいる時間はもちろん、誰かと一緒にいてもなんとなくの疎外感を感じることがあるでしょう。そんなときは「私ばっかり寂しい」ではなく、「みんなこの気持ちを味わっているんだ、みんな一緒なんだよね、大丈夫」と自分自身を少しなぐさめてあげましょう。そうして人の気持ちを理解することは、もっと素敵な女性になるための必要な時間です。

一時的なこと・仕方のないことと割り切ろう

「寂しい」という気持ちからはなかなかすぐには逃げられません。一時的でありこそすれ、この気持ちがあるからこそ他人にも優しくなれるのですから。少し苦手だと思っているあの人も、きっとこの寂しさを味わっているんだなと思うと、次は苦手意識も少し減るかもしれませんね。

寂しい気持ちから早く立ち直ろう

「寂しい」と言う感情は、人間が人間らしく生きるのに不可欠な感情ですよね。寂しいから、誰かと一緒にいたいと思い、人は人を好きになるのでしょう。寂しい気持ちは一時的なものですが、その気持ちを大切に、むしろ少し「楽しんでしまう」ことも大切かもしれません。どうしても耐えられなければ、彼はもちろん、親しい友人にたっぷりハグをしてもらいましょう!人は人を癒しあって、もっと仲を深めていけるのです。